総合医学研究所 生命科学研究領域腫瘍生物研究分野Division of Tumor Biology

JapaneseEnglish

研究室HP

研究室集合写真-腫瘍生物

多細胞動物では個々の細胞の機能や役割は個体の生存と生殖を目的として厳密に制御されている。しかし、腫瘍細胞は悪性化に伴い個体内で増殖、移動し、最終的には宿主個体を死に至らしめるまでその生息域を広げる。これらの過程で腫瘍細胞は、発生、組織構築、組織再生、刺激応答などの過程において正常細胞が用いる制御機構をきわめて巧みに借用する。さらに、様々な体内微小環境で生存、増殖すべく腫瘍細胞自身をも変化させていく。このような生物学的特性に基づく腫瘍細胞の悪性化進展の機構の解明を目指している。「がん」の限られた概念に捕らわれずに、単細胞真核生物も含めた真核生物全体を視野に入れ研究を進めている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(Ext.7212) +81-76-286-2211  / FAX: / Email: takahide@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

准教授

  • 太田 隆英 研究室代表者-腫瘍生物

主な研究業績

部門別研究業績

  • Ota, T., Maeda, M., Okamoto, M., Tatsuka, M. Positive regulation of Rho GTPase activity by RhoGDIs as a result of their direct interaction with GAPs. BMC systems biology, 9: 3, 2015.
  • Okamoto, M., Fujiwara, M., Hori, M., Okada, K., Yazama, F., Konishi, H., Xiao, Y., Qi, G., Shimamoto, F., Ota, T. Temme, A., Tatsuka, M., tRNA modifying enzymes, NSUN2 and METTL1, determine sensitivity to 5-fluorouracil in HeLa cells. PLoS genetics 10(9): e1004639, 2014.
  • Jiang, Y.-S., Maeda, M., Okamoto, M., Fujii, M., Fukutomi, R., Hori, M., Tatsuka, M., Ota, T. Centrosomal localization of RhoGDIβ and its relevance to mitotic processes in cancer cells. Int. J. Oncol., 42(2): 460-468, 2013.
  • Hori, M., Miki, T., Okamoto, M., Yazama, F., Konishi, H., Kaneko, H., Shimamoto, F., Ota, T., Temme, A., Tatsuka, M. The detergent-soluble cytoplasmic pool of survivin suppresses anoikis and its expression is associated with metastatic disease of human colon cancer. PLoS ONE 8(2): e55710, 2013.
  • Fujikawa-Yamamoto, K., Ota, T., Miyagoshi, M., Yamagishi, H. Pluripotency of a polyploid H1 (ES) cell system without leukaemia inhibitory factor. Cell Prolif. 45(2): 140-147, 2012.

主な外部研究資金

  • 文部省 科学研究費補助金・一般研究(C)平成7〜8年度、240万円
    がん細胞の浸潤転移形質発現に関与する遺伝子群の検索と同定
    代表者 太田隆英
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金・基盤研究(C)(2) 平成12、13年度・190万円
    癌細胞の血中遊離過程におけるインテグリンおよびD4GDIの機能の分子遺伝学的解析
    代表者 太田隆英
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金・基盤研究(C)(2) 平成14、15年度・400万円
    大腸癌細胞の悪性進展における中胚葉分化制御遺伝子Eomesの役割
    代表者 太田隆英
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金・基盤研究(C)(2) 平成16、17年度・360万円
    大腸癌におけるRhoGDIによる転移制御機構の解明
    代表者 太田隆英
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金・基盤研究(C) 平成20、21,22年度・455万円
    大腸癌の細胞極性の制御異常と悪性化促進におけるRhoGDIβの機能解析
    代表者 太田隆英